So-net無料ブログ作成
検索選択

トキソプラズマ 母子感染 [健康]

トキソプラズマは母子感染することで知られています。

トキソプラズマは、寄生虫の一種で妊娠している女性が感染すると
生まれてくる赤ちゃんに障害がおこる可能性があります。
トキソプラズマと同じよう症状を起こすものに、
サイトメガロウイルスがあります。

このトキソプラズマやサイトメガロウイルスに母子感染し、
生まれた子どもの耳や脳に障害がでた
母親たちが患者会を設立しました。

この患者会は、感染による障害を撲滅するため、
妊娠中の女性が注意することなどを
呼びかけていく予定です。

9月23日、東京都内で患者会の設立総会が開かれました。
長崎大学小児科の森内浩幸教授が、顧問を務めます。
教授によると、トキソプラズマやサイトメガロウイルスに母子感染し、
障害のでる子どもは、年に1000人以上いるそうです。

トキソプラズマの宿主は、ネコ科の動物です。
しかし、人間を含む哺乳類や鳥類にも感染します。

食肉に、このトキソプラズマが含まれていることがあります。
肉を食べる時は、十分に加熱する必要があります。

また、肉を切った包丁やまな板などに
付着していることもあります。
これらの物は、十分に消毒する必要があります。
手洗いもこまめにしましょう。

このように、
トキソプラズマやサイトメガロウイルスの
感染経路は、明らかになっています。

母子感染を防ぐために、妊娠中の女性や
妊娠の可能性のある女性は、
早めに最寄りの保健所に、
予防法のアドバイスを受けるようにしましょう。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。