So-net無料ブログ作成

米軍台風情報17号進路予想最新 [天気予報]

米軍台風情報17号進路予想最新情報です。

wp1812.gif

この米軍台風情報17号の
予想進路図を見ると、
9月28日正午には、
沖縄県石垣島付近にあります。

9月29日0時には、
沖縄本島の南東にあって、
沖縄本島は、暴風域に入ります。

9月29日12時には、
鹿児島県奄美大島の南海上に達します。

この9月29日0時から12時過ぎまでは、
沖縄本島、奄美諸島は、
台風17号の暴風圏内にあり、
厳重な警戒が必要です。

沖縄・奄美地方は、
長時間、強い風雨にさらされるため、
大きな災害が発生する可能性もあります。

9月30日0時には、
九州鹿児島県の南東海上に達します。

その後、四国の南海上を北東に進み、
紀伊半島や東海地方に
上陸する可能性があります。

台風17号は、一時、
895ヘクトパスカルまで発達しましたが、
現在は、920ヘクトパスカルと
いくぶん弱まりました。

しかし、まだ中心付近の
最大風速は、50メートルと
大型で強い勢力を保っています。

強風域に入ってからの
外出は避けましょう。

台風17号のような強い台風の場合、
強風で何が飛んでくるがわかりません。

風や雨は、人間の考えでは、
想像もつかないほどの
脅威的な力を発揮します。

また、水害などの多発地帯では、
事前に避難場所を確認しておきましょう。

米軍台風情報17号進路予想などで、
最新情報をこまめにチェックしましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

自民党総裁選 予想 2012 [政治]

自民党総裁選 予想 2012です。

自民党総裁選は、2012年9月26日に、
投開票されますが、決選投票になるのは確実だと
予想されています。

今回の自民党総裁選には、
安倍晋三元首相、石破茂前政調会長、町村信孝元官房長官、
石原伸晃幹事長、林芳正政調会長代理の
5人が立候補します。

予想では、石破茂前政調会長が1位、
安倍晋三元首相と石原伸晃幹事長の
2位争いという展開になると言われています。

2位争いは熾烈で、僅差で
安倍晋三元首相が優位に立っているようです。

しかし、石破茂前政調会長が1位になっても
過半数を獲得することはできず、
決選投票に持ち込まれる可能性が高い状況です。

決選投票になれば、1972年の
田中角栄元首相と福田恒雄元首相の
角福対決以来40年ぶりとなります。

石破茂前政調会長の1位は、
個人的には意外でした。

石破氏といえば、右寄りで
日本での海兵隊の設置などを提唱している
人物です。

中国の尖閣諸島への介入や
韓国との竹島問題などの影響により、
自民党内で外国に対する強行姿勢が
強まっているものと思われます。

決選投票になった場合、必ずしも
石破氏が有利だとは言えない状況にあります。
安倍氏、石原氏の逆転勝利という可能性もあります。
余談を許さない状況になっていますね。

いずれにしても、今回の自民党総裁選が、
衆議院解散後の選挙に影響を及ぼすのは
間違いありません。

現在の民主党政権も海外政策や経済政策などで
国民に安心感を与えることができていません。
自民党総裁選を含め、今後の政局を
慎重に見極め、衆議院の選挙で
選択を下す必要があると考えます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

トキソプラズマ 母子感染 [健康]

トキソプラズマは母子感染することで知られています。

トキソプラズマは、寄生虫の一種で妊娠している女性が感染すると
生まれてくる赤ちゃんに障害がおこる可能性があります。
トキソプラズマと同じよう症状を起こすものに、
サイトメガロウイルスがあります。

このトキソプラズマやサイトメガロウイルスに母子感染し、
生まれた子どもの耳や脳に障害がでた
母親たちが患者会を設立しました。

この患者会は、感染による障害を撲滅するため、
妊娠中の女性が注意することなどを
呼びかけていく予定です。

9月23日、東京都内で患者会の設立総会が開かれました。
長崎大学小児科の森内浩幸教授が、顧問を務めます。
教授によると、トキソプラズマやサイトメガロウイルスに母子感染し、
障害のでる子どもは、年に1000人以上いるそうです。

トキソプラズマの宿主は、ネコ科の動物です。
しかし、人間を含む哺乳類や鳥類にも感染します。

食肉に、このトキソプラズマが含まれていることがあります。
肉を食べる時は、十分に加熱する必要があります。

また、肉を切った包丁やまな板などに
付着していることもあります。
これらの物は、十分に消毒する必要があります。
手洗いもこまめにしましょう。

このように、
トキソプラズマやサイトメガロウイルスの
感染経路は、明らかになっています。

母子感染を防ぐために、妊娠中の女性や
妊娠の可能性のある女性は、
早めに最寄りの保健所に、
予防法のアドバイスを受けるようにしましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。